071320来週は浴衣を着て彼氏と花火デート!

・・でもそんな大事な時に顔中が汗だくになっていたら少し恥ずかしいですよね。

浴衣なので体の汗は分かりにくいかもしれませんが、夏のムンムンとした熱気の中、只でさえ暑い浴衣や着物を着ていれば顔や頭にも汗をかきやすくなります。

なので「汗でつけまが片目だけ取れちゃった」とか「汗でメイクが取れてしまった」という経験がある方も多いはず。

そこで、浴衣や着物を着る時の汗をかかないための対策ポイントをご紹介します。

花火大会や夏祭りでの浴衣の汗対策のポイント5選

浴衣を着てる時の暑さ対策って「帯をきつく締めた方がいい」とか「きつめのブラジャーをつけた方が良い」って聞いたことがあるかもしれませんが、それだと確かに汗はかきにくくはなるんですが、息苦しくてとてもじゃないけど歩けないというような人もいるので、適切な対策が必要です。

 

1 タオルを巻いて補正&汗対策

浴衣が着崩れしないようにたタオルを巻いて補正する方もいると思いますが、これが体の汗を吸収してくれるのにも役立ちます。

晒があればそちらでも代用できます。

お腹周りに巻きますが、この時にあまりきつ過ぎないように着けるのがポイントです。

 

2 ファンデーションは汗かいても落ちにくいものを選ぶ

特に気を付けたいのが汗でメイクが落ちてしまう事。花火大会や夏祭りというのは人混みの中を歩くので、普通に浴衣を着ているだけよりも汗をかきやすいです。

なので、汗をかいても化粧が落ちにくいウォータープルーフのマスカラに変えたり、化粧下地は汗をかいても落ちにくいタイプのものを使いましょう。

浴衣デート中ってあまり手荷物を持てないので、しっかりした対策が必要です。

参考:汗で崩れにくいファンデーション

 

3 下半身の汗にはステテコが最適

浴衣着用時の悩みで意外に多いのが、下半身の尋常じゃないくらいの汗です。下半身の汗というのは目立ちにくいのですが、汗かきな人だと、蒸れて汗のしずくが太ももから膝下まで滴り落ちてくるというような方もいます。

特に下半身の汗が気になるというなら、ステテコを履くのをおすすめします。

最近では若い女性向けのステテコも多数販売されているので、一度チェックしておくと良いでしょう。

一枚履いておけば、汗を吸収してくれるので、嫌な感じもかなり少なくなりますし、白地の浴衣の場合は透け防止にもなるので、おすすめです。

座ってる時のお尻の汗対策

4 浴衣の透け防止も兼ねて、透けにくい色の下着を選ぶ

特に白地の浴衣や着物を着ている場合は汗をかくと特に下着が透けやすくなってしまいます。

上記のようにステテコなどを一枚着用するのでも構いませんし、ベージュなどのなるべく透けにくい色合いの下着を選ぶようにしましょう。

 

5 ハンドタオルやハンカチを忘れずに

最後に、当たり前ではありますが、汗をかいた時にさっと拭き取れるようにハンカチなどを持参するのを心掛けましょう。

こういったのって男性からしたら女子力が上がるポイントでもあるので、彼が汗をかいていたらサッとハンカチを貸してあげるような”デキる女”を演出して花火デートを楽しんでくださいね。