136921

妊娠してから汗がひどい!多くなった気がする

「妊婦は暑い」なんて時々耳にしますが、赤ちゃんを妊娠した頃から汗に悩まされる女性も少なくありませんが、特に妊娠中期から後期の臨月にかけて汗に悩む女性が特に多く

妊娠してから汗をかきやすくなった

少し動くだけで全身汗だく・・

なんていう人も少なくありません。

異常なくらい汗をかくようになれば、肌も荒れやすくなりますし、自分の体臭も気になっちゃいますよね。

では、妊婦さんが汗かきになる原因や汗を抑える対策には、どのような方法があるのでしょうか?

どうして妊婦は汗っかきになるの?その原因とは

妊婦さんが汗かきになる原因としては様々な要因が考えられますが、

赤ちゃんを妊娠したことで新陳代謝が活発になった

乳腺が発達して血液の循環が活発になったから

脂肪が増えたから

妊婦さんの体温は普通の人よりも0.2℃~0.3℃高いから

骨盤ベルトでお腹周りを締め過ぎている

このような理由が汗をかきやすくなる原因とも言われているのです。

 

特に胸回りや下半身あたりの汗がすごい・・

その中でも特に汗をかきやすくなった部位としては胸から脇にかけてという人や、下半身(特にお尻ですね)に汗がひどいという人が多数見受けられます。

妊娠前よりも上半身に汗をかきやすくなったというのは、体がお腹の赤ちゃんために脂肪をつけようと変化しているからで、妊娠中は特に胸の下や脇の汗が増えやすいのです。

胸下の汗が増えればあせもの原因にもなりますし、脇の汗が多くなれば、それは臭いの原因にもなります。

元々の汗自体はそれほど匂いはありませんが、酸化することによって強烈な臭いに変化します。

妊娠するとにおいに対してかなり敏感になるので、自分が臭くないかどうか気になっちゃいますよね。

では妊婦の汗やその体臭を抑えるのは、どのような対策が最適なのでしょうか?

 

妊娠中の汗や臭いを抑える対策

妊娠中の汗は放っておくと、それが体臭、肌荒れ、冷え、風邪の原因になるので、しっかりと対策しておくことが大切ですね。

通気性の良い素材の下着に変える

小まめにタオルやハンカチで拭く

制汗剤などを使い、臭いや汗が気にならないようにする

妊婦さんにはこのような対策がおすすめですね。

体温を下げる食品などもありますが、あえて体温を下げようとするのは妊婦さんにとってはあまりおすすめできませんので、小まめに拭き取って清潔に保つのがポイントになります。

ただ、制汗剤などは「赤ちゃんへの影響がないのか?」心配される方もいますが、基本的に制汗剤というのは皮膚や体内に浸透していくものではないので、ご使用されても問題はありません。

スプレータイプのものよりもクリームタイプの方が効果も持続しやすいのでおすすめです。

 

最後に

汗をかきやすくなると、冷房を強めにしたり、薄着で過ごされる方も少なくないですが、妊婦さんにとって冷えは大敵です。

なので、スーパーやデパートなどの買い物で外出する時は、どんなに暑くても必ず羽織れる上着を1枚持参するようにして下さい。

冷房も昼間の暑い時間帯だけで過ごすようにし、夜や寝る時は使わないようにすることです。

まずは、汗をかいたらハンドタオルなどで小まめに拭き取るようにすれば、臭いもそこまできつくなることはありませんが、人に会うような時は目の前で脇汗を拭きとる訳にもいきませんので、そういう時は制汗剤を使用することで快適な時間を過ごすことができるようになると思います。

妊婦さんが汗をかくのは決して悪いことではありません。

汗をかかないようにずっと家でゴロゴロしているより、歩いて汗をかいて運動した方が出産も楽になりますよ。